レーザー脱毛機の種類

レーザー脱毛機の種類

医療レーザー脱毛機にはダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、ルビーレーザーなど複数の種類があります。
各機器にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、機器ごとの特徴を解説したいと思います。

 

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは最もよく使用されているタイプです。
照射出力が高く照射漏れが少いです。
様々な肌質の人に対応でき、色黒の人や日焼けした肌でも施術可能です。
また、皮膚を冷却しながら照射するので、他のレーザー脱毛機に比べて、痛みが少なく肌への負担も少ないです。
最新のレーザー脱毛機「ライトシェア・デュエット」は、皮膚を吸引して毛のメラニン色素だけを選んで照射するので、出力が弱くても効果的に脱毛でき、冷却の必要がありません。
痛みも大幅に軽減されていて、照射口も広いので施術時間が短縮できます。
また、もう一つ最新のレーザー脱毛機「メディオスター」は「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子をターゲットに照射する蓄熱式の脱毛です。
痛みが少なく、肌へのダメージも少ないです。

 

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは1997年頃に日本に導入され、宝石を使用したレーザー脱毛機器です。
浅い毛根の脱毛に使われます。レーザー照射と同時に冷却を行うのでジェルの塗布がいらず、照射口が広いので短時間で脱毛可能です。
他の脱毛機に比べると痛みが強く、産毛にはあまり効果がありません。

 

YAGレーザー

YAGレーザーは他の脱毛機に比べてレーザーの波長が長く、肌の深いところまで届くので、毛根が深い毛や剛毛にも効果的です。
メラニン色素への反応が薄いので、色黒肌や日焼けした肌でも脱毛可能です。

 

ルビーレーザー

ルビーレーザーはメラニンへの吸収率が高いので、メラニン色素が薄い肌が白い人に向いています。
日本人にはあまり向いていないので、導入しているクリニックは少ないです。

 

目次